みうらです。

 

アイズってインターネット広告業界の中で

 

ブログプロモーションを代理店さんや

 

クライアントさんに提供しているメディアなわけです。

 

ですが、プロモーションの企画段階からアイディアを求められ

 

要望に応じた包括的なWebPRを設計することもあります。

 

企画を考えるとき、あーだ、こーだと会議を開いて意見を出し合うにあたり

 

良く参考にする本を今日は紹介します。

 

レイモン・クノー『文体練習』

※クノーはシュルレアリストで語られるよりもアレクサンドル・コジェーヴの生徒だったこともあり

バタイユやカイヨワなどのフランス現代思想の界隈で語られる方が興味深い。

 

シークエンスとも言える1つの出来事を

 

99通りにも編集した超絶技巧なテキスト。

 

簡単に内容紹介すると

 

『バスの中で、乗客を罵倒する若者がいて、2時間後に別の場所でもう一度見かける』

 

という特にドラマチックでもないお話を、99通りも作っていくのです。

 

メモ、隠喩を用いて、白昼夢、俗悪体、哲学的、論理的分析、女子高生etc…

 

などなど笑える記述も多々あり、編集=文体であり、デザインでもあり、アイディアでもあることを

 

エクササイズをしながら教えてくれる。そんな良書です。

 

このように限定された枠組みを”文体”=編集技法によって新たなヴァリエーションを

 

どんどん作っていける能力は、人生を編纂するにあたりとても必要です。<きっと、多分

 

 

 

また装丁も非常にクール!(^q^)< it’s cool !!!

 

興味ある人は読んでみてくださいな。

 

Amazon

http://www.amazon.co.jp/文体練習-レーモン-クノー/dp/4255960291 

 

今夜は現代における純愛小説に取り組む予定である!