ロンドンオリンピックの男子サッカー
日本 VS モロッコ戦を見た後、寝れなくなり
寝不足の千頭です・・・

「どうせ誰かはオリンピックネタを書くでしょ!」とミーハーを見るような
冷たい眼差しを送っていましたが
まさかの「自分で書く」という暴挙にでました!

今まさに「ロンドンオリンピック」に釘付け状態なのですが
皆さんは「オリンピック」についてどこまで知っているでしょうか?
きっと、そんなには知らないはず・・・
そこで、豆知識を調べてみたので紹介します!

 

 

 

 

 

・ロンドンは史上最多(3回目)の開催地

・日本選手団は全部で293人!
  (日本選手団が300人を切ったのは、’00年のシドニー五輪以来のこと)

・競技数は26。野球、ソフトボールが除外となり、北京五輪より2競技少ない

・女子ボクシングの新設で、全競技で男女種目が開催

・水泳の世界記録は“別次元”で進歩している!
  (100m自由形で見ると100年間で約20秒も速くなっているという結果に)

・バレーボール“時間差攻撃”は、“東洋の魔女”が編み出した

・近代五種は総合成績を1日で競う
  (フェンシング・水泳・馬術・射撃・ランニングを1日でこなして競うのが近代五種)

・体操技は開発した選手の名前をつけるのが原則

・第一回大会から変わらず続いている競技は、陸上・競泳・体操・フェンシングのみである。

・第一回大会から変わらず参加し続けている国は、ギリシャ・イギリス・フランス・スイス・オーストラリアの5カ国のみである。

・1912年のストックホルム大会から1948年のロンドン大会まで存在した競技「芸術」。絵画、彫刻、文学、建築、音楽の5種目があった。

・オリンピックの大会公用語はフランス語と英語ですが、フランス語が第一公用語として優先されています。

 

どうでしょう?オリンピックは歴史がある分、知らないことも多くはないですか?
是非、豆知識として覚えておいて下さい。

ちなみに、ロンドンの次の2016年の五輪夏季大会は、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催です!