営業部の千頭(チガミ)です。

最近、打ち合わせで他社さんへ行くと

打ち合わせスペースに、額に入った「鬼十則」を飾ってあるのを立てつづけに目にしました。

 

「鬼十則」ってなんだ? 軍隊での決まり事かい?

というあなたに、少しだけ説明します。

 

広告代理店である「電通」の4代目社長吉田秀雄氏によって1951年につくられた電通社員

通称「電通マン」の行動規範とも言える十則が「鬼十則」です。

多くの書籍が出版されており、影響を受け成功した方も多くいるそうで

現在でも通用する「ビジネスマンのバイブル」として認識されているのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

私は前職で、ある日突然社長から「電通の鬼十則を一日一則づつ社員に説明してくれ」という

お達しを受けました。

「社長、何をおっしゃる!」「なぜゆえに今?」「鬼十則を知らない者に何を求める?」と

疑問ばかりが頭に浮かびながらも、一則一則の心理を暗記し、10日間の説法を続けた結果

悟りを開いた事を覚えています。

たまには鬼十則を思い出して、気を引き締め仕事に取り組んでいきます。

 

電通鬼十則

1.仕事は自ら創るべきで与えられるべきではない
2.仕事とは先手先手と、能動的に「働きかけ」ていくことで、受け身でやるものではない
3.「大きな仕事」と取組め、 小さな仕事は己を小さくする
4.「難し仕事」を狙え、そして成し遂げるところに進歩がある
5.取組んだら「放すな」目的を完遂するまでは殺されても放すな
6.周囲を「引きずり回せ」引きずるのと、引きずられるのとでは、永い間に天地の開きができる
7.「計画」をもて 長期に亘る計画を持っておれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる
8.何事にも「自信」をもて。 自信がないから君の仕事には迫力も粘りも、そして厚みすらもない
9.頭は常に「フル回転」八方に気を配って、一分のスキもあってはならないサービスとは、そのようなものである
10.「摩擦を怖れるな」 摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練的な人間となる