暑いのも寒いのも苦手なくぎたにです。
やっと涼しくて過ごしやすい季節になって来ましたね。

秋は行楽シーズン。
暑くもない寒くもないこの季節、週末にちょっとドライブ、ちょっと味覚狩り…なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今日のブログでは、そんな方にオススメなスポットを1つご紹介します。

 

高速道路でちょっとお出かけするとき、途中で休憩に使うSA、PA。
どこに寄るかと聞くと「ガソリンスタンドもあって、お店も広くて、食べ物屋さんも豊富なSA」という方が多いと思います。
でも最近はPAでもSAに負けない施設も増えてきてるんですよ。

関越自動車道 上り寄居PA(埼玉県深谷市)は、そんな中でも特にオススメしたいPA。
タイトルでネタバレしてますが「星の王子さまPA」なんです。

欧風の建物、お分かりになるでしょうか?

サン・テグジュペリの「星の王子さま(Le Petit Prince)」は、多くの言語に何度も翻訳されて世界中の方に読まれている、大ベストセラー。
聖書の次に多く出版されていて、世界中の人々に愛されているお話です。

レストランや軽食なども、星の王子さまをモチーフにした食べ物や、お店の名前になっていてとても可愛らしい空間になっています。

星の王子さまの銅像もあります!
土日祝には、1日数回スタッフによる「星の王子さまPAの案内ツアー」も開催されますよ。
 

こちらの絵は、サン・デグジュペリが子供の頃に描いた「象がうわばみに飲み込まれた絵」。
大人に「これ怖くない?」と聞いても「帽子がなんで怖いんだ?」と言われ、中に象を描き足して大人に説明したのだとか。
これがモチーフになった、うわばみ焼き(人形焼みたいなものが、この形になってます)も、この星の王子さまPAで売られています。
 

ちょっとの寄り道のはずが、ここでのんびりしたくなる…そんなPAです。

星の王子さまの本も、いろいろな方の翻訳でのバージョンがあったり、サン・デグジュペリの伝記のまんががあったり、星の王子さまで学ぶフランス語の本があったり。
今は季節柄、ハロウィン関連の商品なども多く売ってありますし、11月に入るとおそらくクリスマスカラーになるのではないかと思います。
輸入ものの可愛いお菓子もたくさん売られていますよ!

なぜ寄居が星の王子さまをモチーフにしたのか…はわかりませんが、関越自動車道をお使いの際には、是非寄ってみてはいかがでしょうか?