こんにちわ

恋愛のPDCAサイクルが回せないみうらです

今回はちょっと真面目なお話を…

先月2015年4月13日に掲載が開始されたYDNの広告掲載方式「インフィード広告」のお話です。

詳細は以下にYahoo!の公式リリースノートURLを貼っておきます。

http://promotionalads.yahoo.co.jp/support/release/2015/0403.html

要約すると「Yahoo!のコンテンツに溶け込むように広告を最適化できるよ。」

ってことなんですが、まさにネイティブアド風に広告表示をさせることができます。

更にスマホ版「Yahoo! JAPAN」のトップページも5/20にリニューアルし

タイムラインUIを採用しているんです。つまりメチャメチャ相性が良い。

・Yahoo!スマホのトップ

ちょうど弊社の開発した自社商品& thinkの広告でインフィード広告を運用していますので

キャプチャを張ります。こんな感じです。

・インフィード広告(リターゲティング)

どうですか???

Yahoo!の編集記事のようですよね。

果たしてパフォーマンスはどうかというとABテストしてみました。

通常のYDNリターケティングと比較し

CTR0.19から1.06%にUPしてます。

CVR11.50から31.34%にUPです。

その際注意が必要なのが2点。

①結構CTRがUPするのでターゲティングの組み合わせに気をつけてください。

※だからこそリターゲティングでのインフィードで「刈取り」として活用しています。

②広告表記があるとはいえ

外部に飛ぶとなると中には騙されたと思う人もいます。

ジャストシステムが調査したスマートフォン広告に関するアンケートでは

7割弱が否定的な意見を持っている結果となっています。

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20140703_656393.html

そのため広告バナーとリンク先のトーン&マナーは合わせる必要があります。

まさに雑誌やメディアの編集記事と呼ばれる広告メニューに近寄ることが

離脱率低下にも繋げられるかと思います。